ご利用規約

MCCatalog+ エンドユーザライセンス規約

MCCatalog+(以下「本サービス」といいます。)を運営する株式会社モリサワ(以下「当社」といいます。)は、本サービスの利用のライセンスに関する基本的な規約(以下「本規約」といいます。)を以下のとおり定めます。

第1条(本サービスの利用)

  • 本規約に同意のうえ、所定の方法により本サービスの利用を申し込み、当社から本サービスのログインID およびパスワードの発行を受けた法人その他の団体(以下「利用者」といいます。)は、本規約および当社が別途定める条件(以下、併せて「本規約等」といいます。)に従って本サービスを利用し、印刷物等のデータ(以下「コンテンツ」といいます。)をアップロードして公開することができます。
  • 本サービスの利用の申込み(継続利用の申込みを含みます)があっても、過去に当社の製品の代金またはサービスの利用料金の滞納または不払いがあった申込者、ログインID およびパスワードの不正使用があった申込者その他当社が利用者として適切でないと判断した申込者には、本サービスの利用を認めない場合があります。

第2条(ログインID・パスワードの管理)

  • 利用者は、ログインID およびパスワードを、自己の責任において厳重に管理するものとし、第三者に開示、漏洩、譲渡、貸与等をしてはなりません。
  • 利用者のログインID およびパスワードにより本サービスが利用された場合、当社は、その利用を利用者による利用とみなします。この場合、第三者による利用であっても、利用者がその利用による責任を負い、当社は一切の責任を負いません。

第3条(本サービスの利用料金)

利用者は、当社が別途定めるとおり、本サービスの利用料金を当社に支払います。

第4条(利用者情報の変更)

  • 利用者が本サービスを申し込んだ際に申告した氏名、名称、住所、電話番号、メールアドレスその他の情報の全部または一部に変更があった場合は、速やかに当社に通知するものとします。
  • 利用者が前項の通知を怠ったことにより生じた損害については、利用者が責任を負い、当社は一切の責任を負いません。

第5条(利用者の責任)

  • 利用者は、本サービスの利用に関し、コンテンツの閲覧・取得者または第三者からの問合せ、クレームまたは法的手続の申立等を受けた場合は、自己の責任と費用をもって対応、解決し、当社に一切負担をかけないものとします。
  • 利用者は、本サービスの利用に関し、コンテンツの閲覧・取得者または第三者に損害を負わせた場合は、自らその損害を賠償し、当社に一切負担をかけないものとします。
  • 前2項の場合に、当社に損害または費用が発生したときは、利用者は当社に対し、すべての損害を賠償し、すべての費用を支払うものとします。
  • 前項のほか、本サービスに関連して、利用者が当社に損害または費用を負わせた場合は、利用者は当社に対し、すべての損害を賠償し、すべての費用を支払うものとします。

第6条(当社の免責)

  • 当社は、本サービスを常時利用可能な状態にすることを保証するものではありません。
  • 当社は、本サービスの内容の正確性、完全性、確実性または有用性を保証するものではありません。
  • 当社は、本サービスの利用のために行う、利用者に対する情報提供、アドバイス等のサポート・サービスの内容の正確性、完全性、確実性または有用性を保証するものではありません。
  • 当社は、本サービスの提供のためのシステムおよび利用者に送付するメールについて、コンピュータウィルスの感染、不正アクセスまたはスパムメールもしくはクラッキングその他の攻撃を完全に排除する安全性を保証するものではありません。
  • 当社は、本サービスの利用のために行う、利用者に対する情報提供、アドバイス等のサポート・サービスを、日本国内における日本語によるものに限定し、日本国外における日本語以外の言語によるサポート・サービスを行う責任を一切負いません。
  • 本サービスの利用に際し、利用者が使用しているコンピュータ、インストールしているソフトウェアもしくは接続している通信回線等の障害その他の本サービスを提供するためのシステム以外に生じた障害等による損害については、当社は一切責任を負いません。
  • 本サービスの利用に際し、利用者が本規約等または法令に違反したことによって被った損害については、当社は一切責任を負いません。
  • 前2 項のほか、本サービスの利用に際し、利用者に生じた損害については、当社は責任を負わないものとします。ただし、当社が利用者に対し、損害賠償責任を負う場合、当社の故意または重過失に起因して損害が発生したときを除き、当社の賠償責任の範囲は、現実かつ直接に生じた損害に限定されるものとし、損害賠償の総額は、利用者が過去1年間に現実に支払った本サービスの利用料金の総額を限度とします。

第7条(禁止事項等)

  • 利用者は、本サービスの利用に際し、次の各号の行為を行うことを禁止します。
    • (1)以下のコンテンツをアップロードすること
      • 他者(当社を含みます。以下この条において同じ。)の著作権、商標権その他の知的財産権を侵害するおそれがあるコンテンツ
      • 他者の名誉、プライバシーまたは肖像権を侵害するおそれがあるコンテンツ
      • 他者の個人情報、機密事項または営業秘密を無断で開示もしくは漏洩するコンテンツ
      • 上記aからc以外の他者の権利または利益を侵害するおそれがあるコンテンツ
      • 猥褻、残虐、児童ポルノまたは児童虐待に該当するコンテンツ
      • 暴力、脅迫、詐欺その他の犯罪行為に該当するコンテンツ
      • 上記e及びf以外の法令または公序良俗に反するコンテンツ
      • 他者の迷惑となり、または他者に不快感を抱かせるコンテンツ
      • 虚偽の情報を含むコンテンツ
    • (2)第三者になりすますこと
    • (3)本サービスを不正な目的で利用すること
    • (4)本サービスのシステムを侵害すること
    • (5)本サービスの運営を妨害すること
    • (6)本規約等における地位及び本規約等から生じる権利または義務の全部または一部を当社の事前の書面による承諾なしに第三者に譲渡し、貸与し、または担保に供すること
    • (7)知り得た本サービスに関する公知でない情報を、当社に無断で第三者に開示もしくは漏洩すること
    • (8)その他不適切と判断される行為
  • 利用者が前項の禁止に違反した場合、当社は、当該利用者がアップロードしたコンテンツの全部または一部を削除することができます。この場合、当社は、当該コンテンツの全部または一部を削除した後でも、次条に基づき本サービスの利用を終了させることができます。

第8条(当社による本サービスの利用の終了措置)

  • 当社は、利用者が次の各号のいずれか一つに該当したときは、何らの通知、催告をしないで、直ちに当該利用者による本サービスの利用を終了させることができます。
    • (1)第2条1項または前条の禁止事項のいずれかに該当したとき
    • (2)本規約に定める条項(前条を除きます)に違反し、当社が催告したにもかかわらず相当期間内に当該違反が是正されないとき
    • (3)監督官庁より営業の許可取消、停止等の処分を受けたとき
    • (4)支払停止もしくは支払不能の状態に陥ったときまたは手形もしくは小切手が不渡となったとき
    • (5)第三者より差押、仮差押、仮処分もしくは競売の申立または公租公課の滞納処分を受けたとき
    • (6)破産手続開始もしくは民事再生手続開始の申立を受け、または自ら申立を行ったとき
    • (7)法人の利用者が会社更生手続開始もしくは特別清算手続開始の申立を受け、または自ら申立を行ったとき
    • (8)資産または信用状態に重大な変化が生じ、本規約に基づく債務の履行が困難になるおそれがあると認められるとき
    • (9)その他、前各号に準じる事由が生じたとき
  • 前項の場合、本サービスの利用終了により、利用者に損害が発生しても、当社は一切責任を負いません。
  • 第1項の場合、利用者は、当社が被った損害の一切を賠償するものとします。

第9条(利用者による本サービスの利用等の終了)

  • 利用者は、本サービスの利用期間中、当社に通知した上、本サービスの利用を終了することができます。この場合、本サービスの利用は、終了の通知が当社に到達した時に終了します。
  • 前項の場合、利用者が既に支払った本サービスの利用料金は返還されません。また、本サービスの終了時までに発生していた本サービスの利用料金債務その他の当社に対する債務は消滅しません。

第10条(本サービスの利用期間と利用継続)

  • 本サービスの利用期間は、利用申込後の所定の日から1年後の日までとします。この期間は、途中で変更することはできません。
  • 本サービスの利用期間満了により、本サービスの利用は終了します。ただし、アップロードしたコンテンツは、次条第1項により削除されるまで公開されます。
  • 利用者が本サービスの利用期間満了までに利用継続を申込み、本サービスの利用期間満了後1か月以内に所定の手続を完了したときは、利用期間満了前と同一のログインID およびパスワードで本サービスの利用を継続することができ、利用期間満了前にアップロードしたコンテンツを引き続き公開することができます。
  • 利用者が本サービスの利用期間満了までに利用継続を申込んだにもかかわらず、本サービスの利用期間満了後1か月以内に所定の手続を完了しなかったときは、当該利用者の本サービスの利用は終了します。この場合、利用者は、本サービスの利用期間満了後1か月分の利用料金を支払わなければなりません。

第11条(本サービスの利用終了後の措置)

前3条のいずれかの規定により本サービスの利用が終了したときは、利用者がアップロードしたコンテンツは利用終了日の属する月の翌月の1日午前0時に削除されます。

第12条(本サービスの中断)

  • 当社は、本サービスの維持、改善のため、次のいずれかに該当する場合、利用者に予告せずに、本サービスの全部または一部の提供を中断することができます。
    • (1)本サービスを提供するためのシステムの保守または点検を行う場合
    • (2)火災、地震、噴火、洪水、津波その他の天災により本サービスの提供が不可能になった場合
    • (3)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議、テロ行為、大規模ハッキング等により本サービスの提供が不可能になった場合
    • (4)本サービスの運用上または技術上の理由により、当社が本サービスを中断することが必要であると判断した場合
    • (5)その他本サービスを中断するやむを得ない理由がある場合
  • 前項各号の場合、利用者またはコンテンツの閲覧・取得者に生じた損害について、当社は一切責任を負いません。

第13条(本サービスの変更・廃止)

  • 当社は、相当な期間をもって利用者に予告した上、本サービスの全部または一部を任意に変更または廃止することができます。
  • 前項の場合、利用者またはコンテンツの閲覧・取得者に生じた損害について、当社は一切責任を負いません。

第14条(本規約等の改訂)

  • 当社は、随時、必要な規定の追加、削除または修正により本規約等を任意に改訂することができます。この改訂は、当社が改訂後の本規約等を当社のサイトに掲示したときにその効力を生じるものとします。
  • 前項により本規約等が改訂されたときは、利用者は、改訂後の本規約等に従わなければなりません。

第15条(個別契約)

当社と利用者との間で本規約等と別途、個別契約を締結した場合は、個別契約の規定が本規約等に優先するものとします。

第16条(管轄)

利用者と当社の間の本サービスに関連する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。


MCCatalog+ Maker エンドユーザライセンス規約

株式会社モリサワ(以下「当社」といいます)は、モリサワ多言語対応コンテンツ変換ソフトMCCatalog+ Maker(以下「本ソフトウェア」といいます)の使用のライセンスに関する規約(以下「本規約」といいます)を次の通り定めます。本規約は、当社と本規約に基づく契約(以下「本契約」といいます)を締結し、ライセンスを受けた者(以下「ライセンス取得者」といいます)との間に適用され、本ソフトウェアの新バージョンについても適用されます。

第1条(用語の定義)

  • 本ソフトウェア
    本契約における「本ソフトウェア」には以下を含み、第三者の著作物も含みます。
    • (1)電子配信コンテンツ(3項で定義)を作成し、別途当社との間で利用契約を締結した配信サービスMCCatalog+(以下「MCCatalog+」という)でアップロードし公開できる状態にするためのソフトウェア
    • (2)日本語テキストを他言語テキストに翻訳するための自動翻訳エンジンへのアクセス権(以下「自動翻訳エンジン」という)
    • (3)電子配信コンテンツに埋め込むためのフォント
  • デバイス
    本規約における「デバイス」とは、本ソフトウェアを使用するためにその記憶装置にインストールするコンピュータをいい、この単位をもって1台のデバイスと呼びます。なお、次の場合には、これを1台のデバイスと呼ぶことに差し支えありません。
    • (1)1台のコンピュータに複数のOSがインストールされている場合
    • (2)1台のコンピュータに複数のOSが同時起動している場合
    • (3)1台のコンピュータに複数のCPUが搭載されている場合
  • 電子配信コンテンツ
    本規約における「電子配信コンテンツ」とは、携帯端末、パーソナルコンピュータなど電子機器で読むことを目的として、本ソフトウェアおよびMCCatalog+を使用して作成されたテキスト、静止画、動画、音声などからなるコンテンツをいいます。

第2条(使用の許諾)

当社は、ライセンス取得者が別途当社の定める使用料を支払うことを条件にして、ライセンス取得者に以下を非独占的に許諾します。なお、デバイスはメールの送受信、インターネットへの接続が必要です。

  • (1)本契約による1ライセンスにつき、ライセンス取得者が所有しまたはリース契約もしくはレンタル契約を受けているデバイス1台に本ソフトウェアをインストールすること。
  • (2)本ソフトウェアおよびMCCatalog+を使用して、電子配信コンテンツを作成し、当該電子配信コンテンツを送信(アップロード・公開)可能な状態にすること。
  • (3)本ソフトウェアの最新バージョンを追加の費用を払うことなく使用すること。なお、ライセンス取得者は、本ソフトウェアの最新バージョンまたはアップデートプログラムの通知があった場合、すみやかにこれらを導入するものとします。本ソフトウェアの最新バージョンやアップデートプログラムの入手方法は、別途定めるものとします。

第3条(契約期間、中途解約と解除)

  • 本契約の契約期間は、MCCatalog+の利用期間に準拠します。
  • 契約期間中に本契約の解約を希望するライセンス取得者は、終了の1ヶ月前までに所定の手続きで当社に解約を申し入れることとします。本契約が解約された場合でも、当社はそれまでに受領した使用料は返還しませんし、それまでに発生した使用料請求権は消滅しません。
  • 当社は、ライセンス取得者が以下の各号の一に該当したとき、何らの通知催告を要せず直ちに本契約を解除することができます。契約期間の途中で本契約が解除された場合でも、当社はそれまでに受領した使用料は返還しませんし、それまでに発生した使用料請求権は消滅しません。なお、ライセンス取得者は、自らの違反行為により、当社に損害を与えた場合には、本契約が解除されると否とに拘わらず、その損害を賠償しなければなりません。
    • (1)本規約のいずれかの条項その他当社の定める規定に違反したとき
    • (2)当社の著作権その他の権利を侵害したとき
    • (3)仮処分、仮差押、差押、競売等の申し立てを受けたとき、または会社更生手続開始、民事再生手続開始、破産手続開始等の申し立てがあったとき、または任意整理に入ったとき
    • (4)営業を停止したとき、または解散もしくは合併をしたとき
    • (5)支払いを停止したとき、または自らが振出した手形もしくは小切手が不渡りとなったとき
    • (6)監督官庁から営業の取消もしくは停止等の処分または公租公課の滞納処分を受けたとき
    • (7)前各号に準ずる事由が生じたとき

第4条(契約終了時の義務)

ライセンス取得者は、本契約が期間の満了または解除等により終了した場合、直ちに本ソフトウェアの使用を停止し、本ソフトウェアをデバイスから削除しなければなりません。

第5条(保証・免責)

  • 本ソフトウェアの使用開始から90日以内に、本ソフトウェアに重大な瑕疵が見つかった場合(動作保証対象外のハードウェアまたはソフトウェアに起因する不具合を除きます)、当社の判断に基づき、修補プログラムの提供もしくは解決方法の案内、または当社による使用料の返還を行います。
  • 前項の保証は、本ソフトウェアの最新バージョンもしくは導入可能なアップデートプログラムが適用された本ソフトウェアに対してのみ適用します。ライセンス取得者が最新バージョンやアップデートプログラムを導入しないことに起因する動作不具合や損害に関して、当社は一切責任を負いません。
  • 当社は本ソフトウェアの瑕疵に関して前2項に定める以外の責任を負いません。
  • 当社は、ライセンス取得者に対し、本ソフトウェアの機能に付随して利用できる各種情報・ソフトウェアやサービスをネットワーク経由で無償(但し、通信にかかる費用はライセンス取得者負担とします)にて提供することがあります。当社は、かかる情報・ソフトウェアやサービスについて、完全性、正確性、有用性及びネットワークの安全性・通信の安定性を含む一切の保証を行いません。また、当社はライセンス取得者の承諾なくそれらの提供を中断または終了することができるものとします。
  • 本ソフトウェアのバージョンアップによって機能が追加され、ライセンス取得者がその機能の利用を希望する場合、及び本ソフトウェアの機能修正の場合には、ライセンス取得者側で過去に作成された電子配信コンテンツに関し再コンパイルが必要な場合があります。
  • 電子配信コンテンツのMCCatalog+によるアップロード・公開については、MCCatalog+の利用規約によるものとし、同規約より電子配信コンテンツの全部または一部が削除されても、当社は責任を負いません。
  • 当社は、本ソフトウェアによる翻訳精度を保証するものではありません。

第6条(禁止事項)

  • ライセンス取得者は、本契約で許諾される場合を除き以下の行為を行えません。
    • (1)本ソフトウェアまたはマニュアル等関連資料の全部または一部を複製すること。
    • (2)本ソフトウェアの改変・リバースエンジニアリング、再配布・再使用許諾・公衆送信(送信可能化を含む)、貸与・譲渡・レンタル・疑似レンタル行為・中古品取引に供すること。
    • (3)本ソフトウェアの機能を利用した処理・サービスをネットワーク経由で提供すること。
    • (4)当社がライセンス取得者に提供する顧客や製品の識別情報(ID、パスワード等)を第三者に開示・提供すること。
    • (5)ライセンスが認められたデバイス以外のコンピュータ等と共有可能なシステムで本ソフトウェアを使用すること。
    • (6)本ソフトウェアを、有償無償を問わず第三者に使用させること、または本ソフトウェアを当社が許諾しない他のサービスに組み込むこと。
    • (7)権利保護を目的として本ソフトウェアや当社の認証システム等に設定された技術的な制限を解除・無効化する行為、当該行為の方法の公開、または前記方法を用いて本ソフトウェアを複製、翻案、使用すること。
    • (8)当社に許可なく日本国外への持ち出し、日本国外でインストールし、使用すること。
  • ライセンス取得者は、前項に違反する行為を行って当社に損害を与えた場合には、その損害を賠償しなければなりません。

第7条(制限)

当社は、ライセンス取得者が自動翻訳エンジンを利用して過度に翻訳を繰り返した場合、自動翻訳エンジンの利用を制限することがあります。

第8条(損害賠償)

  • ライセンス取得者が本ソフトウェアの使用に関連して何らかの損害を被った場合であっても、名目の如何を問わず当社が負担する責任は金銭賠償に限られ、その賠償額は、本ソフトウェアの1 年分の使用料を上限とします。
  • 本ソフトウェアの使用または使用不能により、またはそれらに関連して生じるライセンス取得者の派生的財産的損害及び直接的または間接的な営業上の損害、精神的損害については、如何なる場合であっても当社はその責めに任じないものとします。

第9条(サポート・サービス)

  • 当社は、ライセンス取得者に対し、当社が必要と判断するあらゆるサポート・サービスを提供します。ただし、MCCatalog+ によりアップロード・公開した電子配信コンテンツを閲覧または取得した者からの問合せにはサポート・サービスは行いません。かかる問合せにはライセンス取得者が対応するものとします。
  • 前項のサポート・サービスは、日本国内における日本語によるものに限られます。

第10条(保管の義務)

  • 本契約により、その使用を許諾される本ソフトウェアをインストールする際および自動翻訳エンジンを利用する際に使用するID、パスワード等の識別情報は、ライセンス取得者毎に作成、提供される固有のものです。ライセンス取得者は、それらを厳重に保管し、第三者に開示してはなりません。万一、それらが第三者に使用された場合、その責任はライセンス取得者が負わなければなりません。なお、その場合、ライセンス取得者は、本ソフトウェアの使用料相当額を含む当社が被った全損害を賠償しなければなりません。
  • 本ソフトウェアで作成された電子配信コンテンツにはライセンス取得者の識別情報が自動的に付与されます。当社は、サポートやサービスの提供、ライセンス取得者からの問い合わせへの対応等当社が別途定める利用目的の範囲で必要な限りにおいて、かかる情報をライセンス取得者の登録情報と関連づけて利用することがあります。

第11条(追加・変更)

  • 当社は、本ソフトウェアが本契約により許諾され、ライセンス証明書等にて指定される範囲で使用されるために、如何なる技術的手段をも適時追加することができるものとします。
  • 当社は、MCCatalog+のビジネスモデルの変更等により、予告なく本ソフトウェアの仕様を変更するとともに本規約を変更することがあります。この場合、仕様変更によりライセンス取得者またはMCCatalog+ によりアップロード・公開した電子配信コンテンツを閲覧または取得する者その他の第三者に生じた損害については、当社は責任を負いません。

第12条(アドビの権利)

アメリカ合衆国カルフォルニア州95110‒2704、サンノゼ市、パークアベニュー、345 所在、アドビ・システムズ・インコーポレーテッド(以下、アドビといいます)は本契約に基づくライセンスに関する利害関係者(第三者受益人)であり、本ソフトウェアに含まれるポストスクリプトフォント技術に関する限り、当社の他にアドビもまた本契約の遵守をライセンス取得者に直接要求することができます。

第13条(輸出に関する制限)

本ソフトウェアに含まれるフォントは、アメリカ合衆国製の技術で作成されています。よって、如何なるフォームであろうと、本ソフトウェア及び本ソフトウェアに付随するユーティリティの輸出、再輸出に際してはアメリカ合衆国連邦法の制限を受けます。前記に関する義務は、本契約の終了後においても有効に存続することに同意しなければなりません。

第14条(アメリカ合衆国政府機関のライセンス取得者)

本ソフトウェアに含まれるフォントは、48 C.F.R. 2.101で定義される「商品項目(commercial item)」であり、48 C.F.R.12.212の定義による「商用コンピュータソフトウェア(commercial computer software)」と「商用コンピュータソフトウェア文書(commercial computer software document)」で構成されます。よって、すべてのアメリカ合衆国政府機関のライセンス取得者は、48 C.F.R. 12 .212と48 C.F.R. 227.7202‒1から227.7202‒4で定められている通り、本ソフトウェアに含まれるフォントについて、当該規定に記載された権利のみを取得するものとします。(C.F.R. は、アメリカ合衆国政府の行政部および機関によって官報にて公布される一般的および永続的な規則を成文化した「Code of Federal Regulations(連邦規則集)」を指します。)

第15条(守秘義務)

当社およびライセンス取得者は、本契約を締結するにあたり、または本契約期間中、相手方から知り得た営業上の秘密を相手方の事前の書面による同意なくして第三者に開示漏洩してはなりません。ただし、すでに公知になっているものおよび相手方が自ら第三者に開示したものを除きます。

第16条(一般条項)

  • 本契約は日本法に準拠するものとし、本契約に関する紛争は大阪地方裁判所を第一審の管轄裁判所とします。
  • ライセンス取得者は、本ソフトウェアの使用にあたり、著作権法を含む法令を遵守するものとします。
  • MCCatalog+の利用に関しては、MCCatalog+利用規約に従うものとします。